建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

荒川水辺サポーター活動報告

株式会社 建設環境研究所 > 建設環境研究所とは > CSR > 荒川水辺サポーター活動報告

平成29年荒川水辺サポーター活動報告

平成29年9月18日(祝)

  • 外来植物の除草(セイタカアワダチソウ、オオブタクサ)
  • 環境学習会(堤防植生の保全や管理について)

台風18号のため、午前の部のボーイスカウト共催は中止となってしまいましたが、午後の部は好天の中開催することができました。

外来植物の手作業による抜き取りを行いました。

セイタカアワダチソウは多く残存していましたが、オオブタクサは点在している程度で、この活動継続の成果を感じることができました。

 

 

 

平成29年6月24日(土)

  • 外来植物の除草(セイタカアワダチソウ、オオブタクサ)
  • 環境学習会(タヌキの生態や日本人との関わりについて)

外来植物のセイタカアワダチソウとオオブタクサの抜き取りを行いました。

環境勉強会では、荒川下流にも生息しているタヌキの生態や人間との関わりについての解説がありました。

 

 

 

 

平成29年5月21日(日)

  • 河川敷のごみ拾い
  • 環境学習会(生き物観察会)

例年の活動では外来種の除草をしていますが、 今回はボーイスカウト東京連盟さくら地区の元気な子ども達と一緒に、河川敷のごみ拾いを行いました。
漂着物だけでなく、不法投棄などの大きなごみも目立ちました。

ごみ拾いの後は、生き物観察会を行いました。
水生生物、鳥類、昆虫、哺乳類に分かれて、荒川下流でみられる生き物について、実際にそこで採集した生き物を見ながら解説しました。