建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

豊富なデータに基づく環境変化予測

株式会社 建設環境研究所 > 事業紹介 > 環境 > 豊富なデータに基づく環境変化予測

事業の見通しに貢献する、自然環境の解析・予測技術

調査により現況を把握することと同様に、ある事業を実施した場合に、環境がどの様に変化するのか、事業が複数検討されていた場合には、事業ごとにどのような変化が生じるのか、違いが認められるのかといった、解析・予測の技術が求められています。

これらの解析・予測を参考とした事業の推進により、将来的な見通しを持ち、事業の方向性や対応を実施することが可能となります。

技術紹介

当社では、業務や共同研究において、下記のような解析・予測の実績を有しています。

○公園における生物の分布種類数と生息環境の関係に関する解析

○河川の物理的指標に基づいた、河川の類型化に関する解析

○河川の汽水域における藻類の生育環境に関する予想モデル

○河川における外来植物の侵入に関する予測モデル

○河川における樹林拡大に関する予測モデル



ノリ生育状況ノリ生育状況

 

河道内樹木河道内樹木

防災安全度を高める砂防事業の推進と自然環境の保全への貢献

河川の最上流域の渓流域は、地形や地質の状況から、土砂災害が発生しやすい状況にあります。また、活火山では、火山活動よる溶岩流や泥流による災害が想定されています。
この様な地域では、防災事業として砂防事業が実施されていますが、渓流や山地は、国立公園等の第一級の自然地となるため、防災事業の実施とあわせて、良好な自然環境への配慮が求められています。

技術紹介

当社は、渓流域や火山山地での環境調査の実績を多数有しております。

○これらの地域では、自然環境の状況把握だけでなく、砂防事業が自然環境に及ぼす影響の程度によっては、保全措置の検討が必要となります。

○当社では、渓流や火山山地における正確な生物分布状況と位置情報の記録、環境アセスメントの技術を応用した環境影響評価から、客観的かつ定量的に影響の予測評価を行い、必要性に応じて、保全措置についても検討が可能です。



渓流渓流

 

火山火山