建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

株式会社 建設環境研究所 > 事業・技術紹介 > 環境計量 > 道路環境調査・予測・対策

道路環境調査・予測・対策

高架橋の振動・低周波対策

道路高架橋から発生する交通振動や低周波音について、発生メカニズムと対策工の効果を数値シミュレーションで検証し、最適な対策方法を提案しています。

1.対策検討の手順



2.車両走行時の道路高架橋振動解析

道路高架橋における車両走行時の振動について、解析ソフトを用いて数値シミュレーションを実施し、対策工の効果を検討します。

 

車両走行により道路高架橋に発生し伝搬する振動の様子を視覚的に把握します。

道路高架橋振動解析(動画表示の一部を抜粋)

3.低周波音の伝搬解析

道路高架橋に発生する低周波音について、伝搬解析ソフトを用いて数値シミュレーションを実施し、適切な低周波音対策を提案します。

 
 

道路高架橋から発生した低周波音の伝搬作業の様子を視覚的に把握します。

低周波音の伝搬解析(動画表示の一部を抜粋)

大気質調査・騒音振動調査

沿道環境への影響を把握するため、大気質(窒素酸化物、浮遊粒子状物質、降下ばいじん、風向・風速、温度・湿度等)の調査を実施します。

大気質調査イメージ

沿道環境への影響を把握するため騒音・振動・低周波音等の調査を実施します。

騒音振動調査イメージ

透光性遮音版の劣化診断特許取得

道路に設置される透光性遮音板の劣化診断を、ハイパースペクトルカメラでの撮影による近赤外線領域の反射スペクトルに着目し、現地で効率的に実施できる「非破壊劣化診断システム」を開発し、特許〔特許第6533276号〕を取得しました。