建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

伊藤 大輝

伊藤 大輝

伊藤 大輝Taiki Ito

入社年 2014年
仕事内容 主に「河川水辺の国勢調査」という、国土交通省が管理する河川やダムの生き物の調査を行い、河川・ダムの管理に資する資料に取りまとめる業務を担当しています。

現在の業務内容は?

主に「河川水辺の国勢調査」という、国土交通省が管理する河川やダムの生き物の調査を行い、河川・ダムの管理に資する資料に取りまとめる業務を担当しています。
より正確な調査ができるように調査計画を立案し、現地調査を行いデータを集め、データからとらえた現状を踏まえたうえで、生き物の保全策など対策を示すことまで一貫して取り組みます。

また、地域連携系の業務として、国と地域で連携して環境保全に取り組む企画の運営なども担当します。夏休みの小学生たちと、水生生物調査を通して環境学習を行ったり、大学を中心に地域住民と手作業での湿地の造成を行ったりなど、多くの人々と関わることができる業務です。
スーツでデスクワークの日もあれば、作業着にヘルメットでフィールドワークの日もあり、それぞれの面白さがあります。

建設環境研究所を選んだ理由は?

建設環境研究所を選んだ理由を教えてください。

きっかけは大学3年生の頃にアルバイトとして調査に参加したことでした。当初は漠然と生き物や環境に携われる職業を探していて、生物調査を主に行うような会社を何となく目指していました。調査地の宿で、この会社の社員の人に就活相談にのってもらった際に、計画立案から調査、設計や対策まで一貫して請け負う建設コンサルタントという仕事があるということを聞いて、この業界に興味を持ちました。

ただ自然環境の調査をするというだけでなく、どのようにしたら自然環境を守っていけるか(ひいては世の中のためになるか)ということに、専門的な知識をもって具体的に取り組んでいけるというところに魅力を感じました。

仕事でやりがいや魅力を感じるときは?

月並みですが、やはり成果(報告書)をお客様(国土交通省)に納めた際に、「良くまとめ上げてくれました」と言ってもらえた時は、「伝わって良かった」と嬉しく思います。また、自然の中で生き物を探し回ることにもやりがいを感じます。
地域連携系の業務では、参加者の人たちが楽しそうに生き物を採っている姿や、関心を示してくれている様子を見れたり感想をいただいた時に、やった甲斐があったなと感じます。

今後の目標や希望など、将来に向けて目指していることは?

技術士の資格を取って、より主体的に仕事を回していけるようになりたいです。
多くの人に覚えてもらえるような技術者を目指します。

建設環境研究所を目指す求職者に、一言メッセージをお願いいたします。

大変なことも多いですが、国から仕事を請け負って環境保全に取り組めるやりがいのある仕事だと思います。一般の人々にはあまり馴染みのない業界ですが、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。


建設環境研究所の採用情報