建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

尹 中夫

尹 中夫

尹 中夫イン チュウフ

入社年 2016年
仕事内容 先輩からダム貯水池水質モデル資料を学んでいます。

現在の業務内容は?

先輩からダム貯水池水質モデル資料を学んでいます。
今後の業務内容は、ダム貯水池水質モデルを用いたダム貯水池水質の調査・分析の予定です。

建設環境研究所を選んだ理由は?

建設環境研究所を選んだ理由を教えてください。

日本の水環境に関する技術力は世界一だと思い、日本で働きたいと思うようになりました。
私は、都市環境学を専攻しており、水質調査・分析について研究してきたので、建設環境研究所の技術と大学院で学んだ知識を活かして、環境情報部門において水質の調査・解析に携わる仕事をしたいと考えました。

仕事でやりがいや魅力を感じるときは?

今年4月に入社してからの業務は、環境調査、計画、環境アセスメントなど、扱う領域が非常に幅広いです。このような幅広い領域で活躍できる建設コンサルタントの仕事にやりがいを感じています。
また、先輩とのコミュニケーションにもまるで家族のような親しみを感じ、そんなところにも建設環境研究所で働くメリットを感じています。

今後の目標や希望など、将来に向けて目指していることは?

今後は、さまざまな経験を積んで地域環境問題の改善に貢献したいと思います。
また、外国人として日本の社会で働いていくためには、「基礎学力」と「専門知識」だけでなく日本人とのコミュ二ケーション能力を上げることが必要だと感じています。

昼は、自信を持って「○○の専門家です」と言える技術者。夜は、色気たっぷりなJAZZを演奏できるプレーヤーになって、モテモテになる!という目標を持っています。仕事もプライベートも充実させられる人間になりたいです。

建設環境研究所を目指す求職者に、一言メッセージをお願いいたします。

個人的な意見ですが、激務の中でも「いかに楽しめるか?」がとても重要だと思います。楽しむためには、「どんな仕事が好きか?」「どんな職場環境が良いか?」など、直感的な感覚が必要だと思っており、その感覚を大切にしながら自分に適している職場を見つけることが良いのでは?と思います。ぜひ建設環境研究所の仕事内容や職場環境を知りに来てください!


建設環境研究所の採用情報