建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

多賀 大輔

多賀 大輔

多賀 大輔Daisuke Tada

入社年 2014年
仕事内容 建設事業(道路、ダム、風力発電施設など)を行う際に、動植物の重要な種を保全するための調査や計画、検討、影響評価を担当しています。

現在の業務内容は?

建設事業(道路、ダム、風力発電施設など)を行う際に、動植物の重要な種を保全するための調査や計画、検討、影響評価を担当しています。


建設環境研究所を選んだ理由は?

建設環境研究所を選んだ理由を教えてください。

前の職場では、現地調査(猛禽類)を主体に仕事をしていましたが、計画や影響評価などのコンサルティング業務に挑戦したいと思っていました。

とりわけ現地調査を大切にしながらコンサルティングを行う建設環境研究所は、大変気になる存在でした。
仕事で付き合いのあった建設環境研究所の方から誘っていただいたことが、入社のきっかけになりました。

仕事でやりがいや魅力を感じるときは?

社会に必要なインフラ整備を、環境面からサポートすることにより、社会に対しても、自然環境の保全に対しても貢献することができるのがこの仕事の魅力だと思います。

それこそが、大変だけれど頑張れるという部分だと思います。

実際に道路を作ったり、ダムを作ったりする仕事ではありませんが、携わった事業が完成した(道路が開通したなど)時のうれしさはひとしおです。


今後の目標や希望など、将来に向けて目指していることは?

上司、グループ員、手伝ってくれているアルバイトさんなど、これからも皆で力を合わせて、進んでいけたら素敵だろうなと思います。
そして、何よりも後輩の成長を心待ちにしており、楽しみにしています。


建設環境研究所を目指す求職者に、一言メッセージをお願いいたします。

この会社の特徴として「現場主義」があると思います。
若い皆さんは、野外の現地調査に出ることも多くなりますし、土木と環境の融合、社会への貢献などを、実際に肌で感じ取ってもらえるのではないかと思います。

実力のあるプロフェッショナルに憧れ、一流のコンサルタントを目指し、たくさんの仲間と一緒に仕事ができる喜びを共有できれば嬉しいです。


建設環境研究所の採用情報