建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

三崎 貴弘

三崎 貴弘Misaki Takahiro

入社年 2018年(中途入社)
仕事内容 河川の洪水氾濫解析や浸水想定区域図内の住民の避難行動を促すための方策の検討に携わっています。

現在の業務内容は?

河川の洪水氾濫解析や浸水想定区域図内の住民の避難行動を促すための方策の検討に携わっています。

建設環境研究所を選んだ理由は?

前職の国立研究開発法人国立環境研究所では、環境中の化学物質と生物の関係についての調査・研究していました。
転職に際し、引き続き環境系の仕事を継続したいと考え、転職先を探したところ、当社は中途採用にも広く門戸を開いていたので選びました。
当初は、ダムや河川での水環境の業務に従事していましたが、毎年日本各地で水害が起こり、当社の防災部門の機能強化に伴い、防災部・河川計画部に移動となりました。

仕事でやりがいや魅力を感じるときは?

当社は国や自治体の業務が多く、ニュースで取り上げられている行政上の課題に従事することができます。
また、防災・減災などの業務のため、住民の安全や安心に係わられ、業務として高評価を頂ける以外にも満足が高いと思います。
また、当社は業務範囲が北海道から沖縄まであるため、全国を見て歩き、地域ごとの細かな違いや求められることについて日々勉強できることも魅力の一つです。

今後の目標や希望など、将来に向けて目指していることは?

防災・減災業務は、オーダーメイドタイプの業務が多いために、型にとらわれない業務といえます。
このため、まだまだ勉強することが多いと感じる日々を送っています。
数年後には、業務の中心的な役割を担う管理技術者として活躍したいと考え、技術士などの資格の取得を目指して取り組んでいます。

建設環境研究所を目指す求職者に、一言メッセージをお願いいたします。

当社は自然環境に強い建設コンサルタントというイメージがあると思います。
近年は、防災業務にも力を入れ、全業務に占める防災関連業務の割合を増やしています。
また、洪水氾濫が起こった河川では防災や減災対策に意識が集中しますが、防災・減災と自然環境の調和を目指した施策を提案するなど、安全・安心と豊かな自然環境の調和を図る会社という特徴があります。