建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

安全への取り組み

安全に働くために基本動作と正しい手順を身につける

社員や協力会社社員の安全確保、事故によるリスクの回避、低減を実現するため、安全委員会では年次計画を立て、定期講習会、協力会社も参加する安全協議会を開催し、日常の啓発活動や、ヒヤリハットなどの事例を参考に情報交換を行っています。 株式会社環境建設研究所が行っている、現地調査を安全に遂行するための取り組みをご紹介します。
安全に働くために基本動作と正しい手順を身につける

活動の紹介

安全講習会
安全講習会

年度初めに行う安全講習会では安全啓発、安全管理の基本教育、事故対応、安全技能の取得などをテーマに行っています。
平成27年度は2回に分けて実施し、213人が参加しました。
社内、外部講師によるKY(危険予知)活動や救命救急の実技講習も行っています。

ヒヤリハット共有タイム
ヒヤリハット共有タイム

事故の元となるヒヤリハットの事例を定期的に確認、記録、整理し、各部の毎週の連絡会などで紹介することによって事故発生リスクの低減と安全意識の共有を図っています。

お問い合わせ

当社サービスに関する
ご要望などがございましたら、
以下のフォームよりお気軽に
お問い合わせください。