建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

環境計量

環境の可視化で未来を守る

環境保全、改善対策は、環境を科学し、定量的にとらえるところからスタートします。環境分析を専門に行う環境科学技術センターを社内に設置することにより迅速に対応します。

環境の可視化で未来を守る

水質調査・水質対策

水質調査・水質対策

首都圏の多くの一級河川で定期水質調査と、水質事故対応を行っています。ダムや湖沼でもアオコやカビ臭、濁水対策等を行い、飲料水や産業資源の保全に貢献しています。

詳細はこちら

PM2.5からアスベスト調査まで

PM2.5からアスベスト調査まで

高速道路建設等の環境アセスメントにおいて有害大気汚染物質、排ガス、ばいじん、PM2.5、騒音、振動、低周波等の分析等を行います。また、アスベストの改善対策や道路・風力発電の風況モニタリングを行います。

土壌汚染対策

土壌汚染対策

平成28年に移転する新築地市場の土壌調査を始め、都心の再開発計画等において土壌汚染防止対策法に基づく土地履歴調査、土壌調査・土壌改良対策等を行っています。

詳細はこちら

生物分析・DNA分析

生物分析・DNA分析

河川水から生息する生物を特定する環境DNAの手法開発に早くから取り組んできました。また、大腸菌、腸球菌、動植物プランクトン、付着藻類分析等を行います。

現地検証試験

現地検証試験

魚貝類の生息環境の再生や水質浄化等のフィールド実験や室内実験をおこなっています。ICT技術を活用し遠隔地のモニタリングから、現地調整まで現地環境の状況に応じた調査手法を提案しています。

環境リスク評価

環境リスク評価

建設事業や土地取引に潜む環境リスクを特定し、その影響を事前に評価することで適正な商取引が成立することを支援します。生物、土壌、大気まで環境リスクを幅広く分析します。

表彰業務リスト:過去3年

表彰業務リスト:過去3年

過去3年間に表彰を受けた環境計量業務の一覧です。

表彰業務リスト:過去3年