建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

ワーク・ライフ・バランス

株式会社 建設環境研究所 > “建環”流ワークスタイル > ワーク・ライフ・バランス

個人に自己実現をして欲しい。
それを応援しつづける会社でありたい。

株式会社環境建設研究所では、社員の自己実現のため多様な働き方やサポートを用意しています。

株式会社環境建設研究所では、「健全な思考・コミュニケーションを持ってコンサルティングを行うためには私生活(プライベート)が健全でないと難しい。」と考えています。
良い仕事をするためには、健全な生活が基盤となります。その基盤があってこそ、お客様に良い提案ができるのです。

株式会社環境建設研究所では、社員が私生活と仕事のバランスを取りながら働けるシステムを用意しています。

個人に自己実現をして欲しい。

効率性の向上

時間集中の取組み
毎週水曜日ノー残業デー
建コン業界が実施する業界全体のノー残業デーに加えて、当社は年度末の繁忙期を除いて毎週水曜日をノー残業デーとして定時退社を呼びかけています。

ノー残業デー社内デザインのポスター

 

段取りタイム

効率的に業務を進めるため、毎朝9:00~9:15を段取りタイムと位置づけ、部毎やチーム毎に段取りミーティングを実施しています。

この間は社内電話を禁止し、短時間で集中してスケジュール調整を行います。

退社時間表明カード

当日の退社予定時間を各自が表明し、机上に退社予定時間カードを提示します。

目標時間を表明し、時間管理を徹底して意識するものとして活用しています。

在宅勤務

自宅を勤務場所として活躍していただける在宅勤務制度も導入しています。
家族に要介護者がいる人、本人の体調、ライフスタイルの実現のため…などに応じるための仕組みのひとつです。
子育てをしながら、仕事との両立が図れます。また万一、家庭の事情や本人の病気などになってしまった場合でも安心して仕事を継続することができます。

在宅勤務制度は、勤務場所を個々の自宅とし会社生活と個人生活の調和を図りながら働くことを可能にする制度です。
各人の自由度は増す反面、自主的、自立的な業務・時間管理を従来以上に要請されることになり、社員、一人ひとりの企業人・組織人としての自覚に基づく業務遂行への信頼の上に成り立つ制度です。

※利用には一定の条件があります。


坂元 彩奈(環境計画部)

 

(目的)

個人のニーズに応じた柔軟な働き方を実現
通勤時間の削減、疲労軽減、家族との対話時間創出による心と生活の充実
事業継続性の向上(感染症流行、災害発生時等)
多様性を活かす組織文化の醸成
休暇取得推奨日

GWや国民休日の谷間(平日)を休暇推奨日として設定しています。
2017年は合計17日を休暇推奨日に設定しました。

クラブ活動
健康づくりはもとより、楽しいことはみんなでと、気軽な雰囲気で遊んでいます。


ゴルフ部      毎年4月・8月・12月にコンペを開催
フットサル同好会  年間を通じて練習と試合活動
ランニング同好会  月一回皇居周辺ランニングとロードレースへの参加
ウォーキング同好会 3ヶ月に1回のペースで都内探訪
2017年5月20日(土)城ケ島(神奈川県三浦半島)で約4kmのウォーキングを行いました。

ゴルフ部

ゴルフ部

フットサル同好会

フットサル同好会

ランニング同好会

ランニング同好会

ウォーキング同好会

ウォーキング同好会

健康推進の取組み
健康診断(35歳以上は年に2回実施)
脳ドック 50、55、60歳時に頭部MRI、MRA検査を実施
産業医による健康相談室
ストレスチェック制度

お問い合わせ

当社サービスに関する
ご要望などがございましたら、
以下のフォームよりお気軽に
お問い合わせください。