建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

水質分析・改善

環境科学技術センター

環境科学技術センターでは、水質・底質、大気質、土壌汚染、生物等の各分野の専門技術者が、調査から分析・解析まで行っています。

 
 

環境科学技術センター

環境科学技術センター

環境科学技術センター

 

環境科学技術センター

①河川・海域等の調査・分析

〔水質、底質調査・分析・評価〕

・水域環境(河川、海域)、地下水、工場排水、農薬、 飲料水等の調査、分析
・土質、底質の調査・分析
主要分析項目:生活環境項目、健康項目、富栄養化項目、要監視項目、農薬関連物質、水道水質基準項目、ノニルフェノール、LAS、他

〔流量観測、出水時調査、河床材料調査〕
 

〔流量観測調査〕
水質、底質調査・分析・評価

②大気質調査・測定・分析

〔大気質調査・測定・分析〕

・有害大気汚染物質、排ガス、ばいじん、風向、風速モニタリング
・シックハウス調査
主な分析項目:大気汚染防止法関連項目、他

〔アスベスト調査・分析〕
・建材中に含まれるアスベスト分析。空気中の浮遊アスベスト調査
・建物環境リスク調査 主な分析項目:定量、定性分析(位相差顕微鏡法/X線解析法)

③土地利用履歴調査・土壌汚染調査

〔土地利用履歴調査〕

〔土壌汚染調査〕
 ・土壌汚染対策法に基づく調査、分析、環境リスク評価
・地下水汚染診断調査
主な分析項目:土壌環境基準項目、土壌汚染指定基準項目 他

土地利用履歴調査

④湖沼等の調査・分析

〔水質、底質調査・分析・評価〕
・水域環境( 湖沼) の調査、分析
・土質、底質の調査・分析

〔プランクトン調査、アオコ調査、カビ臭調査、淡水赤潮調査、アオコ毒性試験〕

〔湖沼における流動メカニズム解析〕
主要調査機器:バンドン採水器、エッグマンバージ採泥器、シンドラートラップ、プランクトンネット、クロロテック(多項目水質計)、水中光量子計

⑤細菌分析、付着藻類分析、生物分析

〔細菌分析〕
・糞便性大腸菌、大腸菌群数、腸中菌、他

〔生物分析〕
・動植物プランクトン
・付着藻類
・シスト(種子、胞子)

〔生物生態系分析〕
・DNA分析、評価
・生物応答試験(WET法)

⑥環境教育、作業環境測定、放射線測定・除染計画

〔環境教育〕

〔作業環境測定〕

〔放射線測定、除染計画〕
・飲料水、河川・湖沼、海水、土壌、食品分析    主な分析項目:ゲルマニウム半導体検出器、シンチレーションサーベイメーター

水質障害の原因解明と対策

ダム貯水池で藍藻類により発生するアオコ、カビ臭などの水質障害に対し、原因藻類の正確な同定とその増殖機構を解明し、発生抑制方法を検討しています。

水質障害を引き起こす藍藻類を種レベルで特定し、その発生量と環境条件との比較から発生機構を解析します。その上で、原因藻類種の抑制対策を検討し、水質障害を解消する水質保全事業を提案します。

 
 


アオコを形成する藍藻類の中には、異なる環境に適応した様々な種が含まれている。
アオコの抑制対策を行うためには、原因種を明らかにし、その増殖特性を考慮した検討が必要です。

画像解析による水質管理

ダム貯水池の水質管理について、既設のCCTV カメラの画像データを解析して、アオコなどの発生状況を可視化できるシステムを構築し、対策施設の運用改善や水質管理対策等に効果的な情報を提供しています。

貯水池にアオコや赤潮などが発生すると、その水面は特有の色になり、周囲の水面の色との違いがわかりにくいケースもあります。アオコ発生時のCCTVカメラ画像を解析することにより、アオコが発生しているエリアだけを示すことができます。

 
 
画像解析による水質管理

720×435.jpg

可視化システムの動作例