建設環境研究所 |環境に強い総合コンサルタント

お問い合わせ

株式会社 建設環境研究所 > 事業・技術紹介 > 自然環境 > 最新技術を用いた調査・検討

最新技術を用いた調査・検討

インターネット、GPS、レーダー、VR等の最新技術と豊富なフィールド調査経験を組み合わせ、さまざまな自然環境の中で的確な調査・検討を行っています。

 

インターネットを用いた監視カメラ

高速道路の工事現場の近隣で、営巣・繁殖している希少猛禽類(クマタカ)について、巣内観察カメラを設置して、インターネット回線を用いたリアルタイムで常時モニタリングを実施しました。
工事による反応を観察しつつ、鳥類の生息に影響がないように工事を進めることができました。

 
 
巣内観察カメラモニタリングシステム

遠隔操作のカメラによる繁殖状況の監視

遠隔操作のカメラによる繁殖状況の監視



GPSを用いた行動圏調査

動物の移動のために造成された国内最大規模の道路横断施設(オーバーブリッジ)について、利用状況を確認するため、捕獲した動物(タヌキ)にGPS発信機を装着し行動圏を把握しました。調査の結果、タヌキが頻繁に利用していることが確認されました。
 
 

道路横断施設(オーバーブリッジ)の状況



GPSを用いた行動圏調査

レーダーを用いた鳥飛翔位置の把握

風力発電事業では、風車に鳥が衝突するバードストライクが重要な課題となります。環境アセスメントでは、バードストライクの予測評価に必要な鳥類の飛翔位置を、レーダーを利用して把握しています。

 
 

レーダーを使用した鳥類の飛翔位置の把握



VRを用いた動画作成

野田市の委託業務で、ドローンと360度カメラを使いコウノトリ放鳥拠点である野田市江川地区の飛行映像を撮影し、VRゴーグルを使いコウノトリの視点で江川地区ビオトープ、こうのとりの里、江川地区市民農園などを紹介した360度映像を制作しました。

 

こうのとりの里で放鳥しているコウノトリ

 

VRゴーグルによる360度映像の視聴イメージ